Return to site

≪満席≫11/17 卵乳製品なしの米粉マフィン教室@ていねいに、

~米粉の違いと膨らむ現象を知る~

≪満席になりました。この後はキャンセル待ちです。ありがとうございます。≫高知, 埼玉に続き、ていねいに、でも!年末のギフトのときにでもお役に立てたら嬉しいな。化学(ばけがく)教室は、座学、実験、実践の教室です。現象を知り、実験で体感し、最後に学んだことをもとに手を動かして作ります。イメージは小学校の頃の理科実験です。

.

米粉の教室をやってほしい、という需要が多く、

昨年の秋くらいから少しずつ実験したり論文読んだりと試行錯誤していました。

やっと、じぶんでもどんなことが起きているのか理解してきたので、教室開きます。

.

「レシピ通りやったけど、なんかシャバシャバ」

「すごく重い感じになった。。」

など、うまくいかないの声をよく聞きます。

さらさらの生地になって、焼いたら溢れた―。など

.

「米粉って、どうしてこんなにもメーカーによって違うのか」

「どうやったら、きれいに膨らむかな」

そこに焦点を当てます。もっと、伝えたいことはたくさんあるだけど、、!たぶん時間内におわらない、、!ので、つくるにあたって、一番はじめに(うう、!)となるところから。

.

この教室で目指すことは、

「米粉マフィンが膨らむときに起こることをイメージできるようになる」

「じぶんの持っている米粉に合う水分量などを知り、ふんわりマフィンを焼けるようになる」

です。レシピ通り、ではなく、

混ぜるときの様子など見ながら、(こんなこと起きてるな、)(あ!これくらい液体を入れればいいかな)とかじぶんで選択できるようになるのが目標です。

.

現在予定している内容です。
(多少異なるところ出たらすみません!大まかな流れはこれでいきます)
.

教室のながれ

1. 米粉ってなんだ。構造と性質を知る。小麦粉との違い。

2. 様々な米粉の製法とそれによる性質の違い。

(実験)数種類の米粉の比較

3. 膨らむ原理 小麦粉マフィンと米粉マフィンとの違い

(実験)実際に混ぜて比較

4. 異なる米粉のマフィンを食べ比べてみる

5. 好きな米粉を使って(小麦を混ぜたりしても◎)マフィンを焼いてみる

.

.

先にお伝えすると、米粉の吸水量のちがいは、5つくらいの要因で変わります。

よって、手触りだとか見た目ですぐに、(これくらいの吸水量!)とは分からない、が現時点での結論です(手触り、見た目で大凡わかるのですが、やはり一部(あ!ちがう!)というのもあるのでなんとも。それくらいメーカーごとでの作り方が様々、ということでもある)。

水を混ぜたりなどして、(あ、この米粉はこんな感じか。じゃあ、この方法でいこう~)といったスタンスです。ご了承ください。

(購入前にこの雰囲気の米粉がこんな感じですよ!とはお伝えできない、ということです。だから、購入した米粉にこちらが合わせていく、感じです)

日時 11/17土 18:30~21:30*

場所 暮らしのいろいろ ていねいに、 東京都杉並区西荻南1-18-11

費用 4500円

人数 7人

持ちもの 筆記用具、お手拭、(汚れが気になるようでしたら)エプロン

(*焼き上がりによっては終了時間が伸びることがあります、すみません、)

.

申し込み方法 「米粉マフィン教室の申し込み」等、件名に、本文に名前、連絡先の記入し、

  tsuchitone.naoko★gmail.com (★を@に変えてください) つちとね よこざわなおこ までメールをお願い致します。

.

(お願いごと)

2日経っても返信がなかった場合は大変申し訳ないのですが、

暮らしのいろいろ ていねいに、03-3331-5750 もしくは teineini.nishiogi@gmail.com

にご連絡くださいませ。

.

キャンセルポリシー 1週間前から費用の50%、3日前から100%のキャンセル料が発生します。仕込み等の準備があるためです。ご了承ください。予定が入った際は、早めにご連絡をお願い致します。

.

ご参加お待ちしておりますー!

.

.

ちなみに最初の写真は、異なる5つの米粉で、すべて同じ配合でつくったマフィンです。できあがりがさまざまでした。さらーっとなったものも、ちゃんともりっとした配合にもできるから大丈夫。(一枚上の写真は同じ米粉でつくった生地です))

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly