Return to site

クラウドファンディング

\つちとねでつかう調味料や台所道具の産地を巡る旅/酢, 土鍋編

支援金500円。お礼はその地で学んだこと体感したことを書き留めた手紙です。写真つき。送ります。

きっと、この旅であたらしい何かを体感し、自分のなかで改めて考え、勉強し、あたらしい何かを見付ける。そんな予感がしています。だからこそ、誰かと共有しながらこの旅をしたいと思ったのです。

今回訪れるのは、京都の飯尾醸造と三重の三鈴陶器。つちとねが普段よくよくつかう酢と土鍋の製造会社さんです。このクラウドファンディングは、目標金額30,000円として旅費の一部のご支援を募ります。一口 500円です。ご支援いただいた皆さまに、お礼として旅で学んだこと、感じたことを手紙にして送ります。写真つきです(コピー用紙に印刷したもの)。このページに載せた写真はすべて自分で撮ったもの。こんな雰囲気の写真か~のご参考までに!

.

酢:飯尾醸造 https://www.iio-jozo.co.jp/

土鍋:三鈴陶器 http://www.misuzu-c.com/

はじめとこの写真は伊豆大島の製塩会社 海の精さんを見学した時のもの

〇なぜ、クラウドファンディングか。

旅費をざっくりと計算したら(おお。。やはりこれくらいはいくよね)という自分にとってはそれなりの額であったこと。と同時に、「産地を訪ね、そのライブ感のまま体感したことや学んだことを人に伝える」ということに大きな価値があると考えたからです。旅費をご支援頂きながら、伝えること。クラウドファンディングはわたしのやりたかったその両方を一緒に実現できる仕組みだと思い、はじめた次第です。

.

沸いた想いのまま書き留めて、伝えたい。

その地に行くこと。じぶんの目で見たり、触れたり、空気を吸ったり、肌で感じたり。音を聴いたり匂いをかいだり。本やネットだけでは知りえないことをたくさん体験する。後でも記載していますが、わたし自身、産地を訪ねると本当にたくさんの感情でいっぱいになるのです。帰ったあとも興奮さめやらず、その調味料を作る原理や原料についてなど調べ続けます。

つちとねごはんにご来店頂いたお客さまとは、産地訪問のようすを直接伝えることができているのですが、正直それ以上のことは出来ていません。そうしている間に知識だけは残るけれど、あの時の(ぐわわ、、!)と沸き出したたくさんの感情は忘れてしまう。

.

あの、瞬間的な想いや感覚って、どれだけ貴重で意味のあることだったんだろう。

.

と思います。

瞬間的なものと長く持続するもの。

生活する中でどちらかと言えば、後者の「長く使えるもの、長く変わらないもの」を選び取る機会は多いです。日持ちする食品、長く着られる服、長く住める家、など。(服やうつわなど長く使ったからこその変化する良さ、もあるけどもも、、!)

.

でも、

長時間同じ状態を保てるものと同じくらい

瞬間的でいつかはなくなってしまう儚いもの

もすごく価値が高いんじゃないかと思いました。今回はその瞬間的なもの、が「産地で行った時の肌で感じたこと」です。そのときにしか書き留められないことたち。きっと、これはこのときにしかない、価値のあるものと考え、支援金のお礼は手紙にしようと決めました。

この機会を通して、産地で沸いた想いとか考えをちゃんと書き留めたら、どうなるんだろう。と新しいものと出会うときのような緊張感と好奇心が入り混じるような気持ちです。じぶんにとっても、どう仕上がるか未知なのです。

.

そんな体験を人と共有できるなんて。うれしい。その手紙を受け取った人のなかでも、なにか感じるものがあったら、もっとうれしい。

.

.

手紙は、化学のはなしもたくさん出てくると思います。体験した感覚、と同等に、学んだ知識というのも私にとっては大切なことたちです。(どうやって酢、土鍋ができるのか、成分は何なのか、、とか書きたい。。)

.

だから、

□ 飯尾醸造さんや三鈴陶器さんのこと、知りたい

□ 酢や土鍋のことを学びたい(できるまでの工程、成分、性質についてなど)

□ つちとねの考えかたを知りたい など

のかた、ぜひ。送りたいです!手紙。

〇クラウドファンディングの内容詳細

つちとねでつかう調味料や台所道具の産地を巡る旅 酢・土鍋編

支援金 500円

お礼  旅で学んだこと感じたことの手紙(写真つき)(*)

振込方法 ①polcaもしくはつちとね宛に直接振込 ②ていねいに、で直接渡す!でも◎(**)

募集期間 告知開始~9/20(木)  \new/polcaでの終了期間に合わせました!

.

*注意!手書きではありますが、それを印刷したものです。写真はフィルムカメラで撮って現像したものを紙にカラーコピーしたものです。

** polca、つちとね宛、ていねい、で直接渡す どの場合でもメールでのご連絡お願いします。手紙の郵送先をお教え頂きたいためです。

件名に「クラウドファンディングについて」等、本文にお名前と手紙を送る住所を記載の上、tsuchitone.naoko★gmail.com(★を@に変換ください)にお願い致します!そして、、、

polcaの場合:アカウント名もご記入ください。

つちとねに直接振込の場合:返信にて振込先をお伝えします(手数料はご負担願います)。

ていねいに、に直接の場合:予定の来店日をご記入ください。

お手数かけますが、よろしくお願い致します!

.

\NEW/

振込など支援の方法が様々なため、こちらに合計の達成金額や支援数を記入していきますね。

皆さま本当にありがとうございます!

.

9月18日(終了まであと3日)

現在 46,900 (156%)

目標金額 30,000円

支援数 63人

.

.

polcaとは。クラウドファンディングの携帯アプリです。登録後、下記のQRコードを読み取る、もしくは、http://polca.jp/projects/vzcpvk0JoPx で検索し、記事のなかの「支援」のボタンをポチ!と押すと完了です!

つちとねプチクラウドファンディングのpolca版

.

〇手紙の届く日

旅は8/27~9/6のあいだなのですが写真の現像が必要なので、手紙が届くのは9月中旬~下旬です。

.

〇もっとその時の様子を見てみたい。聞いてみたい。

旅をしながらSNSで発信しようと思います。

twitter @rootnoi

instagram naoko_yokozawa(おそらく主にストーリーにて)

です。よかったらどうぞ~。

.

ちょと旅の期間が長いのは、じつはお酢, 土鍋の会社以外にも兵庫で料理教室だったり、友人や前の職場のパートのおばちゃんに会いに、などを含めた旅なのです。

京都(酢)→兵庫→大阪→奈良→三重(土鍋)→静岡

です。こんな長旅はじめてです。そんなところも含めSNSで楽しんで頂けたら、と思います。

.

.

〇最後に

つちとねのぷちクラウドファンディングに興味を持っていただき、ありがとうございます。

普段からお世話になっている皆さま、教室やごはんに行きたいけどいけないんだよなー!のかた、実はちょっと気にしてましたのかた、たまたま見付けたかた、この機会に、(へーつちとねってこんなこと考えてるんだー。こんな文字なのー絵なのー)とか知ってもらえたら嬉しいです。

気に掛けて頂き、本当にありがとうございます。

.

.

この後の文章は、産地訪問をはじめたきっかけについてです。長くなっちゃうなーと思って、あとに付けました。参考資料的ですね。写真も色々なのでよかったらお読みください。

海の精、海水を蒸発させて塩分濃度を上げているところ

〇この旅を始めたきっかけ

つちとねでつかう調味料や台所道具を巡る旅は去年から小さくスタートしました。今までに訪れたのは、富山のお米の土遊野さん、伊豆大島の塩の海の精さん、埼玉の醤油のヤマキ醸造さん。

.

米:土遊野 http://doyuuno.net/index.html

塩:海の精 https://www.uminosei.com/

醤油:ヤマキ醸造 http://yamaki-co.com/

.

はじめたきっかけは、昨年の秋から新しくお米の農家さんを探す必要があったこと。納得してつかえるようなお米を探し求めた結果、土遊野さんをご紹介頂いたのですが、ちゃんと自分の目で肌で確かめたい!の想いが強く、思い立って富山に行きました。ちょうど新米が採れる10月でした。

この経験が、素晴らしく良かった。山のなか車を走らせ着いた先には棚田が広がり、生産者さんの話を直接聞き、じぶんで稲穂を刈る体験もさせて頂いた。現地で体感して、まなぶ。その後、今まで以上にずっとお米に対する愛が深くなった。お客さんに伝えたいことも溢れた。

これは、ぜひとも普段つちとね夜ごはんで使っている他の食材や調味料、台所道具の産地にも行かなくては!と思いました。全国色々な場所だし、無理かな、、と漠然と感じていたことも、行きたい!思うと自分でもおどろくほど足取り軽く予定を立てる。会社に電話して確認を取る。電車や車やジェット船に乗って向かう。

伊豆大島 塩 海の精さん

土遊野さんも海の精さんもヤマキ醸造さんも、(行って本当によかった、、、!!!)に尽きます。一度も、うーーん、な体験はなかったなぁ。産地に行くって、本当に素晴らしいことだなぁと思います。帰ったあとの夜ごはんでのその食材や調味料の扱い方もやっぱり変わる。よりていねいに扱うようになったと感じています。

埼玉 醤油 ヤマキ醸造さん

このあとは、沖縄の塩シママース, 青い海、愛媛のたつみ味噌, 梶田商店、新潟の包丁, グローバル、埼玉のみりん味の母,味の一醸造など、、行きたいところはたくさん。少しずつ訪れて、そのつど発信できたら、と思っています。あああそして、そんな素晴らしい調味料や台所道具をはじめから揃えていたていねいに、もすごい!です。(私が夜ごはん担当になる前からこのカフェで使っていたのです)。

こんな、安心している調味料があるんだ~手をかけてつくっている台所道具あるんだ~を知るきっかけにもなれたらと思います。どれも本当すばらしいのですーー!

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly